映画「進撃の巨人」見に行ってきました!

TITANこんにちは!アイスリーデザインワークス伊佐山です。

皆さんは公開中の「進撃の巨人」の映画はもうご覧になりましたか??
9月19日には後篇が公開されようとしているこの時期に、
先日ようやっと前篇を見に藤本と行ってまいりました(笑)!
原作マンガは17巻が発売されている時点で累計約4200万部を超える大ヒット作ですよね!

何を隠そう、私たちもその「進撃」の大ファンなのです!!

内容はまあ、ハッキリ言って残酷で気持ち悪いし、小さいお子様には決してお勧めはできないのですが…
でも!でも!!たまらなく面白いんですよね~これが!!

諫山創さん(←作者名。同じイサヤマでひそかに嬉しい☆)が生み出した世界観の設定はすごいですね。。。
デザイナーをやっていてこんなことい言うのも何なんですが、、、
「0」から「1」を生み出すって相当難しい事なんです。。。
諫山さんの生み出した「1」は、本当に世界中の人を引き付ける強烈なオリジナリティがあります!

そんな諫山さんの作品に魅了されてる私たちとっては、もう先が気になって気になってしょうがない(笑)!!
早くコミック新刊出て!!月刊じゃなくて、週刊で連載して!!
なんてむちゃな願望を抱えながら、コミック新刊がまだかまだかとそわそわと待ちわびる日々!

…とまあ、長くなりましたが、そのくらい私も藤本もドはまりしてる「進撃の巨人」です。

「わ~い!実写版見るの楽しみ~!」ルンルンしながら映画館へ向かう反面…
期待し過ぎは禁物!禁物!!って思ってました。。。

だってキャストみんな日本人だし(笑)。
予告編を見たファンの方なら他にも突っ込みどころ満載ですよね…。
ネット上の評価はあまり良くないですし…。
そもそも、現在進行形で原作マンガの連載がされている中で、どうやって映画作品としてまとめ上げるの?
大丈夫??とかなり不安に思うところが正直ありました…。

なので、あくまで原作「進撃の巨人」をベースにした別物の作品として見よう!
って上映前にお互いに言い聞かせてました(笑)。

見終わった感想ですが…。
超大型巨人のCGはなかなかの迫力でした~!
建物の廃墟の感じも良かったです!(軍艦島つかってるから当然といえば当然なんですが…)

ってそこは良かったんですけど…なんだろう。。。
上映前に言い聞かせていましたけど、どうしても原作と比べてしましますね。。。

超大型巨人以外の巨人がちょっと残念な感じでしたね。。。

あの人間のバランスを崩したぞっとするような巨人の感じをもっと表現してほしかった。。。
「人間ではないが人間に近い別の”何か”」に人はもっとも忌避感を感じるのかもしれませんね。
諫山さんの描く巨人はまさにそれだと思います。

あとはネット上で多くの方がコメントしているのと同じ感想ですかね。。。

ミカサ!あんなにエレ大好きなのにどおして(泣)!?
わかっちゃいたけどアルミンがジャパニーズって。。。
…敷島隊長って誰やねん!!

そして、一番残念だったのが立体起動装置の感じですかね。。。
もっと疾走感出してほしかった。。。せっかくの実写なのに!!

マンガ、アニメ、実写映画と見て藤本と至った結論それは…。

アニメが一番いいかも。。。です。。

アニメは原作を結構、忠実に再現してますし、
原作の荒削りなキャラクターの表現をキレイにまとめてますよね。

何より立体起動装置の疾走感や躍動感はアニメは最高でした!!!
あのクオリティは本当に素晴らしいですよね!!
特に、エレンとミカサがトロスト区の穴をふさぎに行くシーンはすごい!!!
たった数秒のシーンですが作り手の魂が感じられます。
youtubeにアップされていたので、気になる方はこちらをご覧ください。

そして生きるか死ぬかの壁外調査の緊迫感とかたまらないですよね☆
長距離索敵陣形や煙弾!なんといっても戦闘シーンはカッコイイです!
音楽もとても良いです☆
こちらもyoutubeにアップされていたので、気になる方はこちらをご覧ください。

続き制作してほしいですよね~。めちゃめちゃ途中で終わってますよね~。。。
もうちょっと原作が進まないと続編の制作も難しいのかな。。。

はっ!!語り出したら止まらなくなってきました!!いけない。いけない。(笑)

話を映画に戻しますと、
映画を見終わってから藤本と散々「あ~でもない!こ~でもない!」と語りながら結局、
後篇も見に行こう!ってことになりました(←見るんかい!笑)。
まあ進撃ファンとしてはなんだかんだ言いつつもやっぱり見に行ってきます(笑)!

後篇どうなる事やら~(笑)。
それでは今回はこの辺りで失礼いたします。

Comments are closed.

Post Navigation