バレンタイン

こんにちは。アイスリーデザインワークスの伊佐山です。

本日は女子の一大イベント・バレンタインデーですね!特別なあの人に。大切な家族に。親しい友人に。職場でお世話になっている方に。頑張っている自分に…と送る相手は様々ですね。

私はここ最近のバレンタインは、旦那さんからのリクエストで手作りチョコなどをプレゼントしているのですが(手間かかる 泣)、今年は久しぶりに販売されているチョコをリクエスト(ヤッタ~ 笑)してくれたので、張り切って旦那さんと販売店を巡ってまいりました!

百貨店の特設会場に行ったのですが、も~人!人!人!平日に行ったにもかかわらず特設コーナーはごったがえしていました。休日行くともっと混んでいるのでしょうね…。恐ろしい…。

色々なチョコレートが販売されていて、どれもこれも美味しそうでした!しかも形や色、パッケージデザイン、ブースの演出など各社趣向を凝らしていて、どれを買ってよいのやら目移りしてしまって大変でした。

私は旦那さんと違って、チョコレートブランドや味にそれほど詳しくないので、パッと見の印象で「ここの販売店のチョコレート美味しそう!」「装飾やパッケージがオシャレ!」などの自分のフィーリングに引っかかるモノはないかなと商品探し。旦那さんは何やら色々味やブランドなど知ってるので、彼の視点で商品探し。

 

そんな2人が心惹かれた商品が、ベルアメールというメーカーのチョコレートでした。丸い板チョコレート型(直径60mm 厚さ6mm)をしていて、味の種類はなんと約50種類!定番のミルク、ホワイト、ビター、ストロベリー、抹茶、キャラメルから、ちょっと珍しい、チーズケーキ、ロールケーキ、バナナミルク、メロンソーダ、レモンスカッシュ味、きわどいカレーライスチョコまで(笑)。全種類制覇したくなるようなラインナップでした。

04 03

味の多さにもびっくりしましたが、やはり一番心惹かれたのはチョコレート自体の見栄えです。素材の色を生かした色とりどりのプレートの上に、ドライフルーツ、ナッツ、食用花などが散りばめられた商品。レースや花、ツタなど細やかな模様が描かれている商品。マーブル模様や、モダンなパターンを押し当てた商品など様々。

味の視覚化がとても上手に表現されているものもあれば、どんな味か気になって思わず手にとって確認したくなるようなデザインのものまで。コレクションして飾っておきたくなるようなセンスの良いデザインのものばかり。

チョコレートアートというカテゴリーを飛び越えた、アイスリーデザインワークスで取り組んでいる化粧品のパッケージデザインのヒントに繋がるような商品の数々でした。

01 02

ベルアメールのチョコレートアートに関心しつつ、自分たちの仕事にフィードバックできる要素を見つけられたバレンタインショッピング。また来年も素敵な商品に出会えますように。。。

05 06

京都宇治抹茶スイーツ&醍醐寺

KYOTOこんにちは!アイスリーデザインワークス苦楽園オフィスの伊佐山美智子です。先日ふと「そうだ、京都行こう。」「京都の宇治抹茶スイーツ食べたい…」と思ったので、旦那さんと行ってきました。ついでに宇治からほど近い伏見にある醍醐寺(Daigoji)にも寄り道してきました。醍醐寺は世界遺産に登録されており、決してついでに見るような場所ではないのですが、そこは「花より団子!」ならぬ「寺より宇治抹茶スイーツ!」なわけです(笑)

そんなついで感覚で訪れた醍醐寺…やはり世界遺産!紅葉はまだでしたが、三宝院や弁天堂の青紅葉の美しいお庭や、平安時代に建立された五重塔はとても趣があり感動的でした。お土産に”超軟水”と表記されていた”醍醐水”を購入。笠取山(醍醐山)の湧水を取水したもので、口当たりがとてもまろやかなおいしいお水でした。醍醐寺を訪れた際は”醍醐水”ぜひ購入してみてください!お勧めです!

思わぬ感動とお土産に出会えた醍醐寺を後に、宇治菓子の老舗、中村藤吉さんへ向かいました。お店で並ぶこと1時間(泣)!ようやく看板商品”宇治抹茶ゼリー”にありつくことができました。いや~おいしい!本当においしい!待ち時間に見合うだけのおいしさでした!宇治抹茶スイーツは色々食べ歩いていますが、祇園の都路里さんと、この中村藤吉さんが私のお気に入りです!宇治まで足を延ばすのはちょっと…という方はJR京都駅にも支店が入っているので、ぜひご賞味あれ!

お休みを利用していいリフレッシュもできたので、また開業に向けて宝塚オフィスの藤本可奈子と力を合わせて頑張ります!